SonoSurg

 

ホームページの院内設備紹介にSonoSurgの導入を追加しましたが、納品後すぐにSonoSurgの最も得意とする症例のひとつ:脾臓摘出の症例が来院しました。一刻も早く切除しないと、脾臓破裂による大量出血の危険があり、緊急手術になりましたが、SonoSurgのおかげで、何本も出入りする血管を糸による結紮ではなくSonoSurgによる血管シールによって、短時間のうちに脾臓を摘出することができ、手術翌日には大きな手術だったのに、ご飯を美味しいそうに食べ・・・元気に退院していきました。

export_file

export_file2

 

サーバーの引越しも落ち着いたようです

サーバーの引越しは、いろいろと大変でしたが、ようやく落ち着きを取り戻したようです。

サーバー容量も大きくなりましたので、余裕ができました。

mailの取りこぼしが無いように新旧両サーバーにアクセスしないといけませんし、ちょっと面倒でした。

サーバーの不正書き換え監視をお願いしましたので、今まで以上に安全性が確保できたと思います。

 

どうしてこんなもの食べるの 犬版Part2

この子は、嘔吐を主訴に来院されました。

頻回嘔吐になにか消化管内異物が頭をよぎりました。

消化管内のガス貯留も閉塞前貯留のようです。詰まっているものが

未定のまま、異物除去のための手術をしました。

出てきたものは、人間の髪の毛、綿埃のようなもの。。

表現の仕様がないのですが、ぱっと目で見た感じでは

掃除機で吸い取ったゴミのようでした。

毎日少しずつ舐めて胃にたまったゴミが一気に腸に

流れ込んで詰まったのか?それともお部屋の大掃除の

お手伝いをしてくれたのか????

ImageOuto1001

ImageOuto1002

 

 

どうしてこんなもの食べるの?猫版

小食のこの子は避妊手術のために来院しましたが、お腹に何か触りました。

避妊手術は中止しお腹のレントゲン写真を撮りました。

「う~ん。胃の中になにか入ってる!!何だろう??」

結局、避妊手術ではなく胃切開の手術になりました。

胃の中から出てきたものは、胃いっぱいに髪の毛を束ねるときに使う

糸を巻いたゴムひも 多数。。。

間違って食べたにしては胃がパンパンに膨らむほどに食べるとは。

このパンパンに膨らんだゴムの隙間をとおって食べ物が通るのだから

小食も無理はない!!

その後、食べる量が増えたので、大きくなりました。

ImageOuto002

ImageOuto001

どうしてこんなもの食べるの?大きな犬版

体の大きなレトリバーでしたが、なぜか食べたのは、決しておいしくはない業務用のステンレスたわし。。。

食道から胃そして十二指腸までぎっしりとつまり、一部は大腸にまで流れていました。

粘膜は削れて真っ赤。なぜこんなものたべたのかなぁ???

元気に退院しましたが、今後も注意をしておかないと。。。

ImageOutn004

ImageOutn001

ImageOutn002

ImageOutn003